Blogブログ

日頃のサロン出来事&実際にご来店頂いたお客様の写真

リビングの3Dカラーとは

3Dカラー

3Dカラーとは

全体を染めるベースカラーとは別に、細かくスジ状にハイライトやローライトを入れることによって髪に立体感を与え、艶感とボリュームのある印象に仕上げていくカラーのことを言います。

  • 特徴

ヘアカラーの繰り返しで色がくすんでしまった髪をツヤツヤとした色合いにすることもできます。

  • 工程

コームを使って少量の髪を薄く取り出し、アルミホイルにその部分の紙をのせてカラー剤(ブリーチ剤を使用することが多い)をつけます。そのままアルミホイルで髪を包み、その後は通常のカラーと同じように時間をおいてから洗い流し、ドライヤーで乾かして仕上げます。通常の全体カラーにプラスして3Dカラーを入れることも、地色のままで3Dカラーのみを入れることもできます。

後者の場合は全体を染めないので、ダメージが最小限のままで髪の印象を変えることができるというメリットがあります。また一般的に3Dカラーは、全体の色より少し明るめまたは暗めのナチュラルな色で入れることがほとんどです。

  • 家庭で染められるヘアカラー

3Dカラーという名前の付いているものもありますが、こちらは髪につやを与えることによって立体感が出るとされてますので、1色で染めによるものなので、厳密には3Dカラーとは言えません。

  • 注意点

3Dカラーの手法は美容院により少し異なるので、リビングの3Dカラーをしてみたい方は是非、参考にしていただければと思います。


関連記事