Blogブログ

日頃のサロン出来事&実際にご来店頂いたお客様の写真

失敗しない!ショートカットやボブにする時に気をつけたい3つのこと

ショート

失敗しないために出来ること

①ショートが得意な美容師さんにカットしてもらう

最近の美容室だとショートのカット練習を行わないサロンがあるとのことを聞きとても驚きました。ショートやボブは切り慣れていないと上手にカットすることは難しいですよね。

当たり前かもしれませんが、ショートが得意な美容師さんを探して切ってもらうのが間違いないです。

②髪のくせをよく理解できている

髪を短くすると、長い時には出なかったクセが出たり、またしばらく短くしていない間に、分け癖、よく縛るかたは縛り癖がついていたりなどということがあります。

それから、クセも様々なタイプがあり、濡れたらでるクセと、乾いてからでるくせがあったりします。

そのあたりいろんな角度から担当の美容師と相談すると良いと思います。

➂男性のショートと女性らしいショートの違いはどこにあるのか?

よく、男の子みたいなショートは嫌!という方が多くいらっしゃいます。

男性のショートと女性らしいショートの違いはどこにあるのか?

それはとてもとても細かいお話ですが、「もみあげと襟足」がなにより大事だと思います。

このもみあげと襟足のデザインによってかなり雰囲気を左右します。

ではショートのお客様は紹介していきます。

ショート

長いおつきあいのお客様です。とても直毛な髪です。

バック

やわらかくボリュームがでにくい髪質

最大の敵である「曲がらない直毛」をいかにしなやかに動かすか、、、

それは、なにより丁寧にハサミを入れていくことが大事です。

今回はカラーも一緒にさせて頂きました。写真では少しわかりにくいですがハイライトをいれてあります。

ブローなしでも乾かすだけで楽ちんスタイリング。

次のお客様はくせと硬毛でボリュームがでる髪質

サイドバック

スッキリさせるところとボリュームを生かすところのメリハリが大事

バック

初めてご来店された際は、ボリュームがすごく髪も多いためショートにしても収まらないのではと悩んでおられました。

同じように悩みをもつお客様は大変多くいらっしゃいますが、僕はそうゆうお客様ほどショートをおすすめします。

ボリュームと癖を生かす方法を探してみると新しい自分を発見できるかもしれませんね。

終わりに

いかがでしたでしょうか。バッサリ切ってショートにしたい気持ちになりましたか?

ショートやボブは細かい部分の少しのカットで見え方が変わります。

まずは「どういう風な自分に見せたいか?」がとても大事です。

可愛くなのか、品があるなのか、クールなのか、それによってカットが変わってきます。

もちろん、ロングも素敵なヘアスタイルだと思いますが、

長さが短い方がより「個人」の魅力が際立つと思っています。

ショート&ボブは、何より”スタイリングが楽”ということを目指しカットしています。

多治見のLIVINGまで来ていただければ、バッチリ似合うショート・ボブをご提案させていただきます!!

Kosuke


関連記事